☆春を告げる”節分草”の群生に出会う、鎌倉!

◆週末の土曜日、鎌倉の梅散歩途中に出会った白いかわいい花!

春を告げると言われている”節分草”です。
キンポウゲ科の花、2月の節分の頃に他の花に先駆けて咲くので、この名が付いているそうです。
花言葉は、微笑み、光輝など。

早春に花を咲かせて夏まで葉をつけると、
あとは地価ですごす一連の草花「スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)」
のひとつです。
「春の儚いもの」「春の短い命」というような意味で、「春の妖精」とも呼ばれるそうですよ。

可憐で小さな花なので見過ごしてしまいそうですが、出会うと嬉しいですね。

●「鎌倉Todayの大好きレポート」にも登録しましたので、ご覧下さい!
☆やっと”紅白の梅”が開花してきた参道、金沢街道/浄妙寺!第892号

◇春を告げる”節分草”! 2013年
c0168984_10450764.jpg

節分草咲く!201302 posted by (C)わびすけ470

◇”節分草”の群生! 2013年
c0168984_10450797.jpg

節分草の群生!201302 posted by (C)わびすけ470
[PR]
by wabisuke470 | 2013-02-17 17:39 | 鎌倉散歩、冬 | Comments(0)