☆日本最小、”ハッチョウトンボ”発見

◆昨日に続いて、県自然保護センターの湿生植物園で出合ったもの。

以前、このブログでも紹介しましたが、日本国内最小のトンボも発見しました。
6月下旬から7月にかけてが見頃だそうですが、まだ残っていてくれました。感謝。
c0168984_23150270.gif


ハッチョウトンボ。別名はコアカネ。(撮影は8月8日))
c0168984_23150431.gif


発見場所は、名古屋の矢田鉄砲”八丁目”だったのでこの名が付いたとか。
体長18mmしかない、ちっちゃなトンボです。
オスは、小さい頃は橙色、成長すると赤色になります。水辺で縄張りを作るそうです。
c0168984_23150457.gif

メスは、黄色/褐色/黒色の斑模様。草むらに潜んでいるそうです。

今回発見できたのは、すべてオスでした。
水草の合間、水面近くに赤い斑点が見えたら近寄って目を凝らすと”ハッチョウトンボ”でした。
存在を知らないと見逃してしまいますね。
c0168984_23150235.gif


この湿生植物園では、キイイトトンボ、チョウトンボ、オニヤンマにも出会いましたよ。
オニヤンマはスピード違反でカメラのフレームに収まってくれませんでした。残念!
c0168984_23150426.gif


◇ハッチョウトンボ

c0168984_23150413.jpg


◇ハッチョウトンボ(左)、 以前紹介したショウジョウトンボ(右)

c0168984_23150408.jpg
c0168984_23150406.jpg


◇チョウトンボ(左) 、キイイトトンボ(右)
チョウトンボは、ひらひらと蝶のように優雅に飛んでいましたよ。羽の色がきれいです。

c0168984_23150490.jpg
c0168984_23150459.jpg

[PR]
by wabisuke470 | 2007-08-10 00:00