★仕事始めの行事、手斧始式、鎌倉。

◆ゆったりとした正月三が日も過ぎ、いよいよ仕事始めです。
(侘助は、明日からです)

鎌倉/鶴岡八幡宮では、「手斧始式」の行事が執り行われていました。
c0168984_00350383.gif

約800年前、源頼朝が八幡宮造営した時から伝わる行事だそうです。
今では、鎌倉市全体の工事始めの式として、工事安全と建物が永遠に栄えることを祈願するものだそうです。
c0168984_00350478.gif

ご神木を舞殿前に奉安し、鎌倉の建築業者の工匠等により行われていました。
見事な梯子乗り芸を見てきましたので、ちょっと皆さんにも紹介しますね。
c0168984_00350149.gif


◇勇ましい「木遣り音頭」に乗って、役者が登場。真新しい舞殿前です。

c0168984_00350809.jpeg


◇斧振りの奉仕。古式に則った作法でいろんな道具の奉仕を行います。

c0168984_00350918.jpeg


◇式典が終わった後、梯子乗りが披露されました。
火消しにより、火災の方角を見定めるために長いサスマタを軒先に立てかけ若者が登ったのが始めと言われているそうです。いろんな技術があるそうです。
枕ロンタン:手枕で寝ている格好
  
c0168984_00350938.jpeg


◇あら、よっと! 鉄砲留め、それも2人で演技。
見事なバランス技でしょう!!
c0168984_00350478.gif


c0168984_00350945.jpeg

[PR]
by wabisuke470 | 2007-01-04 00:00