★森林浴、上高地より(その一)☆

◆我が家の定例行事になった”初夏の上高地散策”、今日行ってきました。
今回は、皆さんを清涼感あふれる自然の中に招待します。

ちょうど梅雨の合間、天候もよく、楽しんで来ました。
c0168984_11250225.gif

槍ヶ岳を水源にする桂川が流れ下って、勾配を緩めたところにできた山間の谷間が信州の”上高地”です。
c0168984_11251824.gif

槍・穂高をはじめ、3000メートル級の山々(日本アルプス)が間近に見える日本代表の山岳景勝地ですよね。

最初の写真は、河童橋と穂高連峰。
c0168984_11251824.gif

上高地のシンボル、梓川の清流に掛かったつり橋。
芥川龍之介の”河童”は、この橋からヒントを得たそうです。
c0168984_11251840.gif

バックのもやに囲まれた穂高の山裾に見える白っぽいところは、”万年雪”ですよ。
朝一番(AM6時)ですので、まだ人通りは少なめでした。
c0168984_11250730.gif



◇大正池と穂高連峰
焼岳の噴火でできた池。晴れた日は、穂高連峰、焼岳が湖面に映ります。眺望も最高!
ほんとは、朝もやの中の大正池を撮りたかったのですが、天候が良すぎて池にはもやが出てませんでした。上空の穂高連峰はもやの中なんですがね。昨年よりちょっと早く着たからかもしれません。残念。

c0168984_11251873.jpeg


◇ちょっとアングルを引くと大正池ホテルの前の湖岸は人の洪水です。
超、人気スポットですよね。 (そういう私もその一部)

c0168984_11251967.jpeg


◇大正池は、エメラルドグリーンの水面。
形容しようがありません、見とれる景色です。
いつもの、週末は、古都鎌倉を散策しているのですが、ちょっと違った面でいいでしょう。

c0168984_11251905.jpeg


c0168984_11251966.jpeg

◇散策途中、ちょうど、小鴨の引越しに出会いました。
親鴨に10羽の小鴨がくっついて散策路を横断中。上高地には、野鳥もいっぱいいます。
ブログをはじめて、植物の勉強もしましたので、次回は上高地の植物も紹介しますね。
(そういえば、最近、皇居の小鴨たちのニュースを聞きませんね)

c0168984_11252003.jpeg


◇水面はいずれも透明度が高く、泳ぐ岩魚も目の前に発見できます。
手でつかめそうです。(でも、ほんとに捕まえちゃだめですよ)

c0168984_11252001.jpeg


次号へ続く。

c0168984_11250719.gif
c0168984_11250402.gif
c0168984_11250402.gif
人気のお花・ガーデニング情報はこちらです。
            皆さんの一日一回のクリック、楽しみにしています。
c0168984_11250420.gif





[PR]
by wabisuke470 | 2006-07-15 00:00 | Comments(0)