稲村ヶ崎の薄明

◆鎌倉から乗った江ノ電を稲村ヶ崎で下車。

駅を出てゆっくり坂を下ると、もうすぐそこは海。

夕焼けが始まり、太陽が、ゆっくり、ゆっくりと沈んでいきます。

太陽が地平線に沈んでも、急に真っ暗になるわけではありません。
しばらくは、薄明かりが残ります。

今の季節、ここ稲村ヶ崎でも30分ほど、夕焼けに浮かび上がる
富士山の情景が楽しめます。

もう、動くことができません。

時間の流れが、こんなに早いのか、と実感する時。
                 

[PR]
by wabisuke470 | 2006-02-22 00:00 | Comments(0)